警鐘!プログラミング教育の小学校導入(動画あり)

去る12/2(日)、ご自宅で受講できるネットセミナーシステムを利用した

『クラスジャパン「オンライン」座談会』を実施しました。


ゲストとしてサイバーエージェントグループの株式会社CA Tech Kids社長 上野朝大さんをお招きしました。(ホスト:小幡和樹さん #不登校は不幸じゃない



座談会のテーマは、


「IT企業の社長に聞く!なぜプログラミングが学校教育に必修化されるのか」


プログラミング教育を学校に導入するまでの経緯を伺いましたが、

改めて、導入に至るまでの準備不足が学校現場に強いられており、

結果、児童のプログラミングに対しての興味付けに影響がでないかの不安が生じました。


但し、世界標準で見るとプログラミン教育の学校導入は遅いぐらいですので、

来年度の導入は必須だとも思います。


特に導入時のプログラミング教育については、

公教育の現場である教員に委ねる(丸投げ)のではなく、

民間のサポートが必要であると痛感しました。

クラスジャパンでは、引き続き、

IT企業の方と連携し、学校現場への協力を惜しみなく進めて行きます。

この座談会の上野社長の話は、ご本人から了承を頂きましたので、

録画分を下記に掲載させて頂きます。


是非、ご覧ください。



▼Part 1 はじめに(3:09)



▼Part 2 プログラミング教育を取り巻く世の中の流れ(4:19)



▼Part 3 そもそもプログラミングとは(4:31)



▼Part 4 プログラミング教育必須化の社会的背景(7:29)



▼Part 5 2020年から学校で始まること(必修化の方針)(8:43)



▼Part 6 2020年から学校で始まること(必修化の方針)(7:24)